株式投資初心者入門編・株の勉強法ってどうすればいいの?【株の学校123】

トレードの勝ち組への近道はこれだ!!利益のカラクリ体験講座
http://kabutechnical.jp/technical_tai…

(田井中)「こんにちは、田井中です。今日はトレードトレーナーの酒井さんにインタビューさせて頂きたいと思います。よろしくお願いします。」
(酒井)「よろしくお願いします。」
(田井中)「今日のキーワードは『株の勉強法』という事で、株をやられている方は、皆、利益を出したいわけです。その為には勉強しなければいけないと思っているんじゃないでしょうか。」
(酒井)「なるほどね。」
(田井中)「なので、その勉強法をどのようにすればいいのかというのを教えて頂きたいです。。」
(酒井)「これは僕の意見ですけど、勉強してはダメ。」
(田井中)「逆に、勉強してはダメ、ということですね。」
(酒井)「勉強してはダメ。僕の意見ですけど、勝つつもりでの勉強はしません。」
(田井中)「勝つつもりで勉強はしない。」
(酒井)「何かと言うと、最終的に勝つためには、やはり実践あるのみなんですよ。」
(田井中)「実践あるのみ。」
(酒井)「そう。実践あるのみ。経験ですね。経験は長ければいいという事ではないですよ。でも、トレードについては、まず買うことから始めてみなければいけません。買ったらどうしないといけないのか…と、流れの中で思うじゃないですか。」
(田井中)「思いますね。」
(酒井)「その時に、自分のテーマに合うものを、本やネットなんかで探して積み上げていく事が、一番いいと思うのです。」
(田井中)「疑問を持ってから、ピンポイントで勉強をしていくという事ですか?」
(酒井)「そう。勝つ方法を勉強していっても、なかなかそれは身につかないですよ。」
(田井中)「今、いっぱいありますからね。やり方はね。」
(酒井)「なかなか時間も取れないし、実践でそれを全部やれと言われても、ずっとそれをやるわけにもいきませんよね。なので、今日は勉強法を2つお話したいと思うのです。」
(田井中)「お願いします。」
(酒井)「一つは、ファンダメンタルズ分析という分析の方法。もう一つは、テクニカル分析。そういうやり方で株を買うというやり方で、株は2通りのやり方があります。で、ファンダメンタルズ分析ですが、ここにも四季報という本があります。ぶ厚い電話帳のような本なのですが、この中には企業の業績の推移なんかが書いてあります。この四季報は人気があります。なぜ人気があるかというと、来期までの業績予想が書いてあるからです。さらに、コメント欄というものもあって、各企業についていて色々書いてあります。底入れとか反発とかね。まぁ、こういうのが面白くて買うという方もいますし、もちろん業績の推移を分析して買うのがファンダメンタルズ分析です。これはなかなか奥が深いです。」
(田井中)「私も実はファンダメンタルズを勉強したくて始めたのですが、難しくて。沢山用語があるから、分からなくなっちゃうんですよね。」
(酒井)「基本的なところでは、PERとか、PBR、それにROEとか、色々な指標の計算の仕方が出てくるものがありますね。それもそれで面白いと思いますし、株に興味を持つ一つのきっかけになると思います。また、テクニカル分析というものがあります。これこそが、私がおすすめするやり方なのです。ちょっとお見せしますけど、これが何か知っていますか?」
(田井中)「チャート。」
(酒井)「チャートですよね。株価チャート。これは毎日の株価の動きをローソク足と呼ばれる棒状の図形で表して、その動き方がグラフのようになって表示さているのが株式チャートです。横が時間で、右に行くほど新し情報になります。縦が値段で、上に行くほど値段が高いという事になります。で、例えば今、大林組のチャートを出しているのですが、これを見て、大林組の株を買ってもいいのかを判断していくわけです。それを分析するのがテクニカル分析です。何がいいかというと、画を見て判断をするので、業績の推移を分析していくよりも、はるかに簡単に売買ポイントを発見する事ができます。」
(田井中)「なるほど。文字ではちょっとね…。」
(酒井)「文字、数字、計算、これはなかなか難しい。でも、こっちは画です。画を見て下さい。線が一本引いてあるのですが、これは、この銘柄の今の状態をすごく簡単に表したものです。実は、株価がこの線のところに来た時に株を買います。」
(田井中)「上に膨らむ。」
(酒井)「上に膨らむ。上がっているという事で、簡単に言えば、こういうところで買うという事ですよ。このポイントに来たら、次はここで待てばいいわけですよ。簡単に言えば、こういう事だけをやるんです。そのような事が出来るのが、テクニカル分析…このチャートを使った株の分析と買い方です。株を始めるのは、テクニカルでもファンダメンタルズズでもどちらでもいいのです。でもやはり、初心者の方が始めるのであれば、こっちのテクニカル分析をした方が、簡単で分かりやすいのではないかと思います。」
(田井中)「分かりやすいのが一番ですからね。」
(酒井)「まずは、このテクニカル分析から始めましょうというのが、私のお伝えしたい事です。」
(田井中)「私もテクニカルでやっていますから。」
(酒井)「テクニカル分析は、投資経験何十年とか関係ないですから。やはり業績の推移って深いですよ。」
(田井中)「そうなのですよ。覚えることがすごく沢山ありますよね。なるほど、ありがとうございます。分かりやすかったです。」
(酒井)「はい。頑張ってください。」

【金融商品取引法に基づく広告表記】
◆株式会社トレードイノベーション◆当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です◆登録番号 関東財務局長(金商)第2423号◆報酬体系
ベーシック会員3ヶ月248,000円以降1年のみ 1,000円◆株価等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、 株式等発行者の経営・財務状況及び外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。また、信用取引やデリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。◆当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員です。◆ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

関連記事

  1. 投資初心者に伝えたい「投資で、人は育たない!」

  2. (株初心者向け)為替と株価の関係 Stock Station 第5回

  3. 株初心者・副業トレーダー養成!株の勝ち組になる方法がわかります!

  4. 【投資初心者】株をやる上で絶対に気を付ける4つのポイント【必見!】

  5. 株 ※初心者必見※  地獄から這い上がった投資家

  6. 初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術【杉山てつや】

  7. 24 【レビュー/評判】株を始めたばかりの超初心者でもOK!簡単に話題…

  8. 株初心者が5万円以下で一攫千金を狙うには?!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。