株式投資初心者入門・株に必要な資金は?【株の学校123】

トレードの勝ち組への近道はこれだ!!利益のカラクリ体験講座
http://kabutechnical.jp/technical_tai…

(田井中)「こんにちは、田井中です。今日はトレードトレーナーの酒井さんにお話をお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。」
(酒井)「よろしくお願いします。」
(田井中)「私はデモ取引でしか株を買売したことがないのですが、株は投資金額がたくさん必要、お金持ちしか出来ない、手を出しづらいというイメージがあります。実際のところ、いくら位から始めることができますか?」
(酒井)「株はいくらから始められるのか分からない、ということですね?」
(田井中)「そうです。最低限、幾ら必要なのか知りたいです。」
(酒井)「分かりました。これは私もよく聞かれる質問で、インターネットで検索しても、『株はいくらから始められますか?』というものはよく見ます。」
(田井中)「そうなんですよ。」
(酒井)「安いものであれば、15,000円位で買うことができます。」
(田井中)「でも、最低100株からとかじゃないと買えないではないですか?」
(酒井)「実は株の中には、100株買って1万代のものがあるのです。」
(田井中)「では、一株いくらということですか?」
(酒井)「そういった株は安いのですよ。140円とかです。100株買っても14,000円です。この様な株の存在を知りませんでしたか?」
(田井中)「知らなかったです。巷ではよく、『最低30万あったらいいんじゃないの』と言われているみたいですが、その辺りはどうなんですか?」
(酒井)「確かに、半年で60万、70万、100万儲けましょうとなると、もう少し投資金額が必要になります。でもその前に、やはりまずは実際に株をやってみることが大事だと思います。そして、ボーナスが出たら少し投資金額を増やしてやってみることです。まずは実際にトレードをして経験を積むことが大事なんです。『株は最低でも30万円必要だ』と思っていると、その金額が高いハードルとなって、なかなか株をやらないでしょう。では、本当に30万円が無いと株は出来ないのでしょうか?答えは“NO”です。実はあるのです。
今日はその方法を、田井中さんに教えていきたいと思います。」
(田井中)「是非、私もやってみたいです。」
(酒井)「それでは実践してみましょう。」
(田井中)「宜しくお願いします。」
(酒井)「(画面を見せながら)まず、これを見下さい。これは私たちが使っているチャートソフトで、この松井証券さんチャートソフトを使って、色々と分析をしています。他の証券会社さんも同じようなチャートソフトが色々あると思うのですが、使い易さの面でお勧めするのが、無料で使える松井証券さんの“チャートフォリオ”という機能です。」
(田井中)「チャートフォリオ?」
(酒井)「私たちが普段からよく使っているのは、ネットトレーダーというソフトなんですが、その中にチャートフォリオという機能があるので、これを起動させます。」
(田井中)「チャートフォリオという機能は知らかったです。」
(酒井)「是非、これを機会に覚えて下さい。今動画を見られている皆様も、本当は役に立つのに気づいていない機能、使いこなせていない機能がいっぱいあると思うのです。そう言った場合には、是非ネットで検索して役立つ機能について調べてもらいたいのです。」
(田井中)「そうですね。今はネットでたくさんの情報が載っていますからね。」
(酒井)「もし、ネット環境がない場合やネット検索という操作自体が難しい場合には、株の学校123ではメールでも対応していますので、安心して下さい。」
(田井中)「メールで教えてくれるんですか?」
(酒井)「教えますよ。」
(田井中)「優しい。」
(酒井)「わからない場合には、メールで聞いてください。」
(田井中)「聞くことが大事なんですね。」
(酒井)「その通りです。ではチャートフォリオを起動しましたが、(画面を見せながら)このようなかたちで株の動きを見ることができます。」
(田井中)「鮮明に株価の動きが画面に表示されています。」
(酒井)「チャートの形は様々なありますが、それを松井証券さんなりに分析したデータを元に開発した機能がチャートフォリオなんです。しかもこの機能は無料で使うことができます。本来は私達のように、こう言った機能を使って株をやらないといけないのです。そうしなければ、株で勝つ事は出来ません。今回ここではその機能の使い方までは説明しませんが、自分で調べながら使える機能を駆使しながら株をやるようにして下さい。話を本題に戻します。チャートフォリオでは投資金額で銘柄を探すことができます。例えば、『30万円くらい余裕資金はあるけども、30万円全部使うのは気が引けちゃうので、投資金額を15万くらいでやりたいな』と思った場合、上限を15万円と指定して銘柄を検索かけることができます。検索をした時に、(画面を指しながら)ここに数字が出てきますね。」
(田井中)「140です。」
(酒井)「そうです、140です。」
(田井中)「これは140銘柄ヒットした、という意味ですか?」
(酒井)「その通りです。投資金額15万円で始めることができるお勧めの銘柄が140銘柄ある、という意味なんです。」
(田井中)「めっちゃあるじゃないですか。」
(酒井)「では、選定された銘柄を1つ見て見ましょう。実際いくらなのかと見てみると、1821の三井住友建設という建設会社は一株137円という事ですね。そしてこの株は100株単位で買うことができます。137円×100株はいくらになりますか?」
(田井中)「13,700円。」
(酒井)「その通りです。」
(田井中)「え、思っていたよりも安いです。」
(酒井)「これは嘘ではありません、13,700円で100株購入する事ができます。」
(田井中)「これは本当に100株の値段ですか?安すぎると思うんですが…。」
(酒井)「はい、本当です。13,700円で100株買えます。」
(田井中)「(100円付近のチャートと指しながら)ではこの辺で100株買っていたとすればいくらに…」
(酒井)「その時点では1株100円くらいですから、約1万円です。」
(田井中)「今だったらどのくらいですか?」
(酒井)「今は140円くらいになっていますので100株で14,000円です。となると、プラス40円という事になりますから、仮に1株100円の時に買った株を今売ったとすればいくら利益がありますか?」
(田井中)「1000円?」
(酒井)「違います、4,000円です。1万円で買った株が14,000円になった訳ですから、プラスは4000円です。」
(田井中)「それはすごい!」
(酒井)「1万円が14000円は凄いですよね。」
(田井中)「4,000円だったら…と思いますが、10,000万円が14,000円になったと思うと『おお!』と思います。」
(酒井)「4,000円あれば、美味しいご飯を食べに行けますよね。」
(田井中)「行けます。」
(酒井)「これが200株買った場合、2万円が2万8,000円になる訳ですから、儲けは倍の8,000円ということになります。8,000円の利益は凄いと思いませんか?」
(田井中)「凄いと思います。それはいいですね。」
(酒井)「ちょっとした買い物ができますよね。」
(田井中)「ということは、投資金額が高ければ高い分、利益が大きく取れるという事なんですね。」
(酒井)「その通りです。例えばこういう1株140円程度の株で10万円まで買うとすれば、700株800株くらいは買えると思います。最大1000株買えますが、仮にもし1000株まで買っていたとすれば、プラス4万ですからね。だから10万が14万になる訳です。」
(田井中)「そうか、本当だ。」
(酒井)「10万円が14万円だったら嬉しいですよね。」
(田井中)「嬉しいですね。」
(酒井)「投資金額を増やすという事は、こういう事なんです。」
(田井中)「よく分かりました。」
(酒井)「それは良かったです。こういった銘柄がまだたくさんあります。先程検索をかけたように、140銘柄は15万円で買えます。あとはチャートの見方をきちんと勉強すれば、買いのポイントが徐々に分かってきます。これは明日からでもすぐ出来ますので、是非、やってみて下さい。」
(田井中)「では、ある意味、練習として実際に買ってみるのもありですね。」
(酒井)「勿論です。100株から始めれば良いと思います。1株100円ですと、1万円からでもスタートできます。」
(田井中)「経験を得る意味でもやってみたいと思います。」
(酒井)「将来的に30万でやりたいけど、今はとりあえず10万円でコツコツやってみることが大事なんです。とにかくまずは実際にやってみる事です。」
(田井中)「稼ぎたいからやる、ではなくて、まずは経験を積む意味でやっていけばいいと言うことですね。」
(酒井)「そうです。まずは一回株の世界に足を踏み入れてみてみないといけません。」
(田井中)「ワクワクしてきました。」
(酒井)「明日から、『私はトレーダーだ』という気持ちでやってみて下さい。」
(田井中)「そうですね。勉強になりました。」
(酒井)「松井証券はほんの一例ですが、一つのきっかけとして知っていただければ、株が非常に身近なものに感じて頂けるのではないかと思います。」
(田井中)「すごく身近に感じました。ありがとうございました。」

【金融商品取引法に基づく広告表記】
◆株式会社トレードイノベーション◆当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です◆登録番号 関東財務局長(金商)第2423号◆報酬体系
ベーシック会員3ヶ月248,000円以降1年のみ 1,000円◆株価等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、 株式等発行者の経営・財務状況及び外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。また、信用取引やデリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。◆当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員です。◆ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

関連記事

  1. 株式の選び方:初心者こそイメージを大切にしよう

  2. 株式投資 株初心者の急騰株の探し方は

  3. 株初心者用 NYDow&日経平均株価先物 長期予想見通しチャート 20…

  4. 知識ゼロ!!全くの初心者が最速で株で稼げるようになるにはどうすればいい…

  5. 株式会社ニソール「初心者でも使いやすい電子回路基板設計システム【俺のC…

  6. 【株初心者】シクリカルorディフェンシブで選ぶ株【cyclical o…

  7. 30万円から少額資金で、圧倒的収益を実現する完全投資家向けの手法を公開…

  8. その塩漬け株、売らないほうがいいかも…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。