株初心者でも世界中から割安株をかき集めるバブル株抽出システムで容易に資産を増やしていける「海外株 世界投資家育成プロジェクト」

あなたの欲しい物が必ず見つかる→ http://amzn.to/2GhwWBj
http://www.infotop.jp/click.php?aid=3… ←終了間近!《11月28日(月)まで》海外株は取り組んだことが結果に結びつきやすい!あなたが海外株で勝つためには、あなたがこれまで培ってきた「経験」とか「知識」とか、そうした「属人的な力」を必要としません。海外株で勝つためには、やることが明快に決まっており、まずはポイントを押さえておけば問題がないということ、そして「○○であれば●●になる」という相場のセオリーが海外株は本当に当てはまりやすいのです。

つまりあなたは、海外株で安定した勝ちを収めるために、
我々が伝授することを言われたとおりにやれば良いだけ。

だから、先ほどご覧いただいが実践者たちは、
全員があっという間に結果を出すことに成功したのです。

しかしご安心ください。

「学ぶ必要がない」
「言われたとおりにやれば良いだけ」
・・・などというと、いざ、あなたがひとりになったとき、
「自分ひとりで稼ぐ力」が身に付かないのでは?
と不安になるかもしれません。

いいえ、そんなことは決してありません。

インタビューをした実践者のように、
「最初の加速の部分」は我々がポイントで具体的に指示をし、
あなたが稼ぐことを全力でフォローします。

しかし、我々の最終目的は、
「私がいなくても、あなたが自分ひとりの力で稼ぐ」
ことにあります。

ですから、
早ければプロジェクト参加の2週間後には、
遅くとも3ヶ月後には、
あなたは自分ひとりの力で海外株の銘柄を抽出し、
適切なタイミングで購入し、
そして利益を得ることも夢ではないでしょう。

いずれにせよ「海外株」は対象者を選びません。

会社員でも、主婦でも、年金受給者でも、経営者でも、
極端な話、お年寄りでも問題なく取り組め、
そして、素直に取り組めば結果を出すことも可能です。

つまり、あなたに必要なことは「やること」だけなのです。
「日本は中心である」
ことへの誤解

さて、ここからいよいよ核心に迫っていきます。

なぜ我々が「海外株」を選択しているのか?
なのですが、まずは、機関投資家の視点から数字の面でご案内します。

「世界」の株式市場における
「日本」のシェアは「10%」以下です。

大事な数字なので、もう一度ご案内します。

「世界」の株式市場における
「日本」のシェアは「10%」以下です。

世界の株式市場における日本のシェアは、たったこれだけ。

日本の投資家たちは、こんな狭い範囲の中で、
密着しながらしのぎを削っているのです。

そうです。

日本のシェアは「10%」以下なのですから、
それ以外が「90%」以上あるのです。

ではなぜ、その「90%」以上に目を向けないのか?
という話なのです。

無論、投資家としては、
「日本株を買わなくてはいけない。」
「海外株を買ってはいけない。」
などという意味不明なルールなどありません。

「やる」か「やらないか」の二択の話です。

ですから、
「単純にどちらが儲けやすいか」
を冷静に分析すれば、
「日本」よりも可能性が圧倒的に高い
「世界」で儲けるという判断に、
誰がどう転んでもなってしまうわけです。

そして、よく考えてみてください。

我々の身の回りにあるものは、
「アメリカ」のもの
「海外」のものが溢れかえっています。

携帯電話は「Apple」の「iPhone」が席巻。

IDC Japan調べでは、2016年度第2四半期(4~6月期)の
国内スマートフォンの出荷台数における「iPhone」の割合は
「49.4%」と圧倒的首位を獲得しています。

残りの半数を「Sony」「SHARP」「京セラ」「富士通」といった
国内メーカーが、団子状態でパイを奪い合っている状況。

また、インターネットでものを買うときに、
多くの方が「Amazon」を利用します。

朝、注文して昼に商品が届くのは衝撃で、
このような「サービス面」から見ても、
アメリカから輸入されたもの多いことがわかります。

もちろんあくまでもこれは一例です。

しかし、現実を冷静に見れば、
日本人が慣れ親しんでいるものやサービスの多くが、
アメリカ企業のものだったりします。

そして、今後もこの傾向は続きます。

誤解の無いようにしてください。

もちろん我々は日本に住んでいるのですから、
多くの場面で国内企業のモノやサービスが身近にあり、
我々の生活に密着しているのは当たり前の話です。

しかし、先ほどの数字が示しているとおり、
「株式」の分野に目を向けると、
「日本株」は「世界」の株式市場のわずか「10%」以下です。

つまり、狭い世界の「日本株」から視野を広げると、
そこには、それ以外の「90%」の広い世界が存在するのです。

「10%」という狭い「いけす」で戦うのか、
「90%」という広い「大海原」で戦うのか。

「企業の銘柄」という言い方をすると、
日本以外の「90%」という広い世界には、
成長企業の銘柄もあれば、
政府の公共事業に連動するような企業の銘柄もあります。

景気の変動に合わせて株価が動くような銘柄もありますし、
「圧倒的に割安な銘柄」もあります。

相手は「90%」なのですから、
様々な企業がひしめいているわけです。

だからこそ、
今後の大爆発が期待できる「圧倒的に割安な銘柄」が、
世界には「メチャメチャたくさん」眠っているのです。

さらに言ってしまうと、日本には「日本株」専門という、
「日本株が大好きな投資家」の数は非常に多いことも
日本株が勝ちにくい理由のひとつになっています。

こうした「日本株」専門の投資家の多くは、
インターネットなどで銘柄を常に注視していて、
いい情報が出たなと思ったら、皆があっと言う間に飛びつき、
株価もあっという間に上がってしまうことが往々にしてあります。

つまり、ただでさえ狭い「10%」という「いけす」で、
常に情報を追っているような投資家がしのぎを削っているので、
日本株はさらに勝ちにくい相場になっているのです。

日本の株式市場だけを見てトレードしていると、
どうしても目の前で起きていることが常識だったり、
正しいものだったりと勘違いをしてしまいます。

そうです。

真実は、目の前で起きていることは、
世界のわずか10%に満たないことが起きているだけ。

世界の金融の仕組みを根底からひっくり返す
「フィンテック(金融テクノロジー)」の分野でも、
日本は尋常ではなく世界から遅れをとっています。

日本株はこの先、更にガラパゴス化していきます。

「日本は中心である」ということは、誤解なのです。

我々は世界という大海原を視野に入れ、
グローバルであることこそ「自然」なことであり、
世界の株式市場で戦う力を身につければ、
「株式市場」の世界ではるかに勝ちやすくなるわけです。

そして、その「世界の株式市場で戦う力」というものは、
「日本の株式市場で戦う力」よりも
よほど簡単な力をつけられるわけです。
「海外株」の
圧倒的「優位性」
では次に「海外株の優位性」をご案内します。

既にご説明したとおり、
世界の10%以下という狭いいけすにもかかわらず、
競争率が激しい日本株で神経をすり減らしながら戦うよりも、
圧倒的に広い世界で戦った方が良いことは
これまでにもお伝えしてきました。

ここではさらに深掘りして
「海外株が優位である理由」を
「5つ」のキーワードからひもといていきます。

我々は機関投資家として、 「海外」と「国内」、双方の株式市場を見てきましたが、
私たちが言えるのは 「海外株のほうが勝ちやすい」ということです。

その理由を難しい言葉を使って言うと、
「海外株は資本主義市場の論理が生かされやすいから」という言葉で表現できます。

つまり「海外株」は自由経済に任されているので、
「想定外の動きをしにくい」ために、
「勝ちパターン」を構築しやすいのです。

多くの投資家が「予想したシナリオ」が当たったときに、
「株価が素直に反応してくれる」のが「海外株」なのです。

一方で「日本株」目線で解説すると、
日本株市場というのは「政府の介入」が次々に入ります。

日銀の黒田総裁による「金融緩和」が良い例です。

数年前には「黒田バズーカ」などと言っていましたが、
最近はターゲットを変え、金利に主眼を置いた緩和を進めています。

政府は支持率を維持するために、
「株価を支えなくてはいけない」状態にあるため、
その政策を受けて日銀が動きます。

こうした日銀の動きは、
例えば「黒田バズーカ」のような形で現れるのですが、
これにより、株価が大きく乱高下します。

こうした動きは日本独特のものであり、
実に「不健全」な株価の動きなのです。

一般的な手法で相場を分析し、例えば、
「これから下落トレンドが来るな。
だったら景気が調整局面に入るから売ろう。」
というように「健全」な形で分析している投資家にとっては、
日本株はあまりに歪みすぎてしまっていて、
まったく手出しができなかったりします。

日本株ぞっこんの日本人投資家は、
日本株しか見えていないので気づいていませんが、
実は「世界」という広い視野で「日本株」を見ると、
日本株は非常に特殊で不健全な動きをする、
「勝ちにくい」市場なのです。

関連記事

  1. 【株初心者】円高メリットで株価上がるってやつの説明をするぜ!

  2. 株のトレード初心者にもおすすめの情報を配信!明日は好材料銘柄と好決算銘…

  3. 初心者 株

  4. 【日本FX】 株 初心者 FX 自動売買 ≪投資の知識不要!楽して10…

  5. 株式投資初心者が利益をあげる方法

  6. 株式投資初心者入門・株ってギャンブルなの??【株の学校123】

  7. 株初心者・副業で利益を出す方法・オリンピックマネーを掴め!初心者でもわ…

  8. 株式投資 株初心者の仕手株の見つけ方とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。