株の初心者でも1億円を狙える【本物】の手法!かつてない再現性を誇り、億越えプレイヤーを輩出し続ける伝説の巨匠相場師朗の「相場ゼミ3期」

http://m-md.net/info/aibasemi-i3←今すぐク…
(15時以降であれば夜じゃなくても、朝9時までに起きてチェックするだけでもOKです)

しかも、毎日売買するわけではないので、
売買しない日の作業はチェックするだけの数秒で終わります。

1日に数時間もかけてPCの前に張り付いてチャートをチェックしたり、
新聞やニュースの情報をまめにチェックしたり、
書店に置いてある株式投資の本を読み漁ったりする事は一切ありません。

むしろ、そんな無駄な事をしても利益を出し続けることはできないのでやらない方がいいです。

ですので、昼間仕事をしている方や仕事や家事に追われて時間が全くない人でもできますし、
PCが苦手な方でもできるノウハウです。
(実際、私自身もPCが相当苦手で、よく周りの人に使い方を聞いています。笑)

実際、私の生徒達はほとんどの人がサラリーマンの方やOLであったり、
自営業であったり、仕事を持っています。

そして、このノウハウは初心者に適したシンプルな手法なので、当然ですが、
再現性抜群で私の受講生は多くの方が利益を出すことに成功しています。
(たまに私の教え通りにやらずに自分のやり方でやろうとする人がいますが、
 そういう人は結果が出ていません。これも当然ですね。)

わたしがこれまでに教えてきた受講生さんたちの中には、
様々な投資を経験し、最終的に株式投資にたどり方がたくさんいらっしゃいます。
そこで、数ある『投資』を比較したうえで、一般の人が大きな資産を築こうと思った場合、
最もベストなのがなぜ『株』なのかを、お伝えしていきましょう。

私自身、FXや不動産投資もやってきましたし、数多くの投資家も見てきました。

その中でも安定して資産を維持しているのは株トレードをしている人です。

FXは一時的に1億円稼いだりして億万長者になる人も少なからずいますが、
数年後には破産している人が多いのも事実です。
それはFXの値動きが激しいので一般個人にはなかなか危険なものだからです。

不動産投資は、お金持ちになるまでに時間がかかります。つまり流動性がないのです。
あとビジネスも色々経験しました。

銀座で高級クラブを経営したり、ゴルフ場の経営や飲食店を数百店舗経営したり・・・。
全て株で得た利益で買収したケースばかりですが・・・(笑)

ただ、ビジネスで成功を収めるにはある程度の才能や運も必要となってくるでしょう。
これは、一般の方には少しハードルも高くなってしまいます。

その点、私が教える株式投資は、株初心者の方でもできる
最もシンプルに利益をだすための方法なのです。

また、私のトレード技術は一度身につけると、
東京市場がある限り活用できる不変的な方法なので、
今もなお多くの方が取り組んでくださってます。

今まで負け続けている投資家の方は、
ちょっと教習本を読んでわかったと勘違いし、
すぐに路上にでて運転をしてしまい、事故を起こしてしまっているようなものなのです。

誰でも練習をすることで運転技術が身につくのと同じで、

株も練習をすることで誰でもトレード技術が上達し、
結果を出しやすくなるのです。

そして『技術』で今出来たことは、
来年も、5年後も、
つまり東京マーケットがなくならない限り
実践することができるということです。

株価は上げ下げを繰り返しています。

これはどのような銘柄であっても、基本的には上げ下げを繰り返しながら、
3つの局面が存在しています。

そして株価の動きは、過去から普遍的に続いており、

私のトレード技術を身につけることによって、

この局面の転換期を予測することができるようになるのです。

あなたはこの局面があることを知っただけでも
株トーレドで勝つための第一歩となったでしょう。

株価は上昇だけしているわけではありません。

株というものは売るためにあるものです。だから下落するのは当たり前なのです。

でも、多くの個人投資家さんは株価が安いときに買って上昇したら利益を得る方法だけを
考えられると思います。

これは、株価が上がれば利益がでるので問題はないですが、下落した場合はどうでしょう。

そのまま含み損が拡大していくのをじっと眺めているのは、
精神的にも辛いものがありますし、これは非常に危険なことなのです。

わたしのトレード技術では、
練習を積み重ねることで危険をチャンスに変えることができるのです。

先程もお伝えしたように
株価が上がるか下がるかの転換期を予測できるようになれば、
下落を利益にかえることができるようになるのです。

下落を利益にかえる方法が『空売り』というものです。

通常であれば資金の2倍程度しか取れなかった利益を
10倍、20倍にも増やすことができます。

このように、売りでも買いでも両方利益を狙っていける株の技術があれば、
利益をさらに増やすことが可能になるのです!

前述でもお伝えしましたが、これまでに多くの方に私のトレード技術を教えてきました。

そして、わたしの弟子もたくさん増えてきました。
これは、私の『技術』が伝承されている証だと思っております。

いまでは、私の技術を習得した弟子が伝道師として
全国各地広める活動までして下さっています。
本当にうれしい限りですね。

また、そんな弟子たちも今も尚、
わたしのリアルのセミナーには必ず集まってきてくれます。

すでに数億円の資産を築かれた方から、
月30万~100万円と稼げる技術を身につけられた方も

いまだ道半ばと、私の技術を学び続けてくれています。

実は、私もいまだ道半ばと思いながら、
今も鍛錬を続けていますけどね。

私は常に受講生さんや弟子たちに言っている言葉があります。

『わかっていることと、できることは違う!』

これは、わたしの技術というものがとてもシンプルでわかりやすいので、
頭のなかでわかった気になってしまうからでしょう。

でも、実際本番で自分のお金を入れてトレードすると、
思ったようにいかない人がたくさんいます。

練習を積み重ねていくと、
頭の中に値動きの「回路」ができていきます。

この回路がなかなかできない人はどうしてかといいますと、
練習不足なのです。

1億円はほしいけど、
練習がつらいから技術を学ぶのをやめる方もいるかもしれません。

そんな方は、一度このように考え方をかえてみてください。

練習すれば堅実に1億円を目指すことができる。

どうでしょう。

宝くじ買っても1億円は一生当たらないかもしれません。

でも、練習を積み重ね習得することで、
永続的にお金を生む力がつくのです。

そして、あなたは1億円を目指すことができるのです。

当たるか当たらないかの宝くじではなく、
技術で1億円を目指されたらどうでしょう。

その先には自由が待っているのですから。
2000年に160万円から株式投資をはじめ、
2008年には200億円以上(現在は300億円以上)もの資産を作り上げていた
天才トレーダーといわれるBNF(ジェイコム男)をご存知ですか?

彼は、その当時よくインターネットで自分のトレード履歴の書き込みをしていました。

それがあまりに素晴らしい成績のためインターネット上で有名になったのです。

そのトレード履歴を私の息子に集めさせてみたことがあります。

そして、時系列に並べBNFがどのようなトレード手法で取引していたかを研究しました。

プロなので取引履歴をみれば、意図が分かります。
やはり、BNFは本物で資金効率のいいトレードをして莫大な資産を作ったのだな、
と納得しました。

さすが160万円を300億円以上まで増やした素晴らしい手法です。

私は彼の手法を「ショットガン手法」と名付け、私自身もトレードの一部に取り入れています。

具体的には、「これは次の日に上がる(下がる)銘柄だな」というチャートで見つけ、
1日~4日間でトレードをするのです。

しかし、残念ながら基礎がなくてはできる手法ではありません。

そのため、私のトレード技術を理解してもらった後の後半のセミナーで
この手法をあなたに教えていく予定です。

この手法を実践されていて、数十万〜数百万円ほどがっつり儲けているとの報告も
数多くいただいています。

中にはこの「ショットガン手法」ばかりされる方もいるようです……

勝てる技法なので仕方ないところもありますが、
この「ショットガン手法」を使えるようになることで、
超短期間で利益を狙っていくことができますので、今後訪れるバブルの崩壊(空売り)でも、
より効率的に稼ぎ切ることができるでしょう。

この内容の全てを3ヶ月かけて、あなたにわかりやすくレクチャーしていく予定です。

関連記事

  1. スマホで1000円から株取引 One Tap BUY を試す。任天堂や…

  2. 株初心者用 NYDow&日経平均株価先物 長期予想見通しチャート 20…

  3. 株のはじめ方 初心者向けネット株取引入門

  4. 株式予報ラジオ【#0106】トレード初心者がはじめに学ぶべき戦略

  5. 【日本FX】 株 初心者 おすすめ FX 自動売買 ≪投資の知識不要!…

  6. 初心者からでもプロトレーダーになれますVol33 【江城明彦】

  7. 【おしえて株Tube#2】~株の初心者が最初に気を付けることって?~

  8. (株初心者向け)16年9月の日銀会合を受けて日経平均とTOPIXを考え…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。