投資の初心者が、少ない資金でも一瞬で一生分を稼げるような極秘のデリバティブ手法を伝授する、利益無限大のトレード法「Vガンマトレード塾」

http://m-md.net/info/vgammat←あなたは知ってい…

また、一瞬で稼いだ数千万ドルで数年間を遊んで暮らし、
その後、現場に復帰したトレーダーもいます。

彼らがやっていたこと。

それは、最先端の金融工学を利用した
極秘の「デリバティブ」でした。

相場の「上げ下げ」に賭ける株やFXの類いではなく、
相場の「仕組み」に賭け、
「爆益」という表現が安っぽく聞こえてしまうような
一生遊んで暮らせるお金をもぎ取っていたのです。

よろしいでしょうか。

これから私は、
「日本国内」であっても
「何の知識も経験も持たない個人」であっても
「圧倒的に資金力が乏しく」ても
一瞬で一生分を稼げるような極秘のデリバティブ手法を
あなたに伝授します。

大丈夫です。

私がこれから伝授する極秘のデリバティブ手法は、

ルールがあまりに明確で
言われたとおりの無機的に取り組め、
一切の予測をする必要がなく
チャートすらも見る必要がなく、
せいぜい週に1回5分取り組めば良いという
これまでの常識をひっぺ返す手法です。

残念ながら、無駄に投資を知っている「自称賢い人」には、
あまりに豪快な常識外れっぷりに
生理的に受け入れられない手法かも知れません。

しかし、極秘のデリバティブ手法は確かに存在し、
事実、2016年の「英国EU離脱」や「米国大統領選」で、
大金を手にして引退したトレーダーも存在するのです。

「一般常識」は捨ててください。
「通例慣例」は無意味です。
「当たり前」が当たり前ではなくなります。

どうか「事実」だけに目を向けてください。

あなたはわずか10分後、
「これならば絶対に自分もできるだろう。」
と自信の塊になっているでしょう。

自信が身体中にみなぎると同時に、
「自分の身近にこんな可能性が眠っていたのか・・・」
と感嘆の声を漏らすことでしょう。

そして感嘆の声をあげながら、
「日本でもこんな爆発的な投資ができるのか・・・」
ということに気づくことでしょう。

「一気にガツンとお金を作りたい人」大歓迎
「投資で負け続けたので投資で大逆転をしたい人」大歓迎
「1ヶ月で投資金を2倍にしたい人」大歓迎

利益無限大のトレード法「Vガンマトレード」、
いよいよ公開です。

1年のうち、「2ヶ月間」は大爆発を楽しみつつ、
残りの「10ヶ月間」はコツコツと利益を重ねる。

これが「Vガンマトレード」なのです。

もっとも、
私がこの成績を叩きだすために使った時間なのですが、
トレード回数は、月に平均「3回~4回」ほど。

1回のトレードに「5分」もかかっていません。

しかもトレードする時間帯は「何時」でも構いません。

実際にかかる「作業面」についても、
ツールに必要な情報を入れて計算ボタンを押せば、
何をすべきかすべて表示されるので、
あとはその通りに「5分間」で準備をすれば完了。

仕込みさえしてしまえばあとは「待つ」だけ。

あとは、1日後、数日後、1週間後、1ヶ月後に、
「バサバサバサっ」と音を立てて落ちてくる紙幣を、
あなたは拾ってお財布に入れるだけ。

・・・いかがでしょうか。

私が冒頭に「ショッキング」な話をしますと言いましたが、
今、あなたはどんな風にお思いでしょうか。

まだまだ序の口です。

これから丁寧に畳みかけますので、
深呼吸をしたら、次をお読みください。
来い!!リーマンショック!!
来い!!サプライズ!!

2017年1月20日。

あなたは何の日か覚えてらっしゃるでしょうか。

そうです。
世紀の大逆転で米国大統領に選出されたドナルド・トランプが
アメリカの大統領に就任した日です。

新たに誕生したアメリカのドナルド・トランプ大統領は、
選挙戦での公約通りに、
・入国審査の厳格化
・TPPからの正式離脱
・ISIS壊滅計画
・メキシコ国境の壁建設
・中東・北アフリカ7カ国の出身者および難民の受け入れ停止
・カナダからメキシコ湾への原油パイプラインの建設
・オバマケア撤廃
など、次々に「大統領令」にサインしています。

つまり、2017年、ますます世界は混沌し、
それと平行して相場も大きく変動していくことが
容易に想像できるわけです。

前項でもお伝えしたように、
私はドナルド・トランプが大統領選に勝った2016年の年末、
その「大きく動いた相場」により、
私は「大きくお金を稼ぎ」ました。

具体的に言うと、
2016年12月に「+84.2%」という成績をあげています。

加えてこの余波で、
2017年1月は「+51.2%」という成績をあげました。

さて。

今一度、前項でご覧いただいた月ごとの成績の
2015年の8月と9月をご覧ください。

ご覧のとおり、2ヶ月連続で100%以上の利益率となっており、
2ヶ月合計すると「251%」という甚大な利益率です。
(もちろんこれでも、リスクを抑えた運用結果です)

このとき、世界では何が起こったのでしょうか。

そう、このときに発生したのが「チャイナショック」でした。

中国が突然行った「人民元」の切り下げにより、
それに引きずられるように日米株式相場が急落し、
メディアがいっせいに、
「中国発の世界同時株安」
と報じたのは記憶に新しいところです。

あのチャイナショックで甚大な損失を被った投資家は多く、
私の周囲でも、チャイナショックの損失でいったん相場から退場し、
今、時間をかけて再起を図っている人もいます。

一方で私は、その「2ヶ月」で資金を「3.5倍」にしました。

腕こきのトレーダーたちが死屍累々たる損失を被っている中、
私は涼しい顔して爆益をあげていたわけです。

2015年8月頭に手元にあった「50万円」は、
2ヶ月後の9月末には「175万円」となっていました。

「100万円」であれば、2ヶ月で「351万円」
「500万円」であれば、2ヶ月で「1,755万円」です。

これ以上の例えは無意味ですのでやめますが、
もちろんこの数字も、しっかりとマネージし、
セーブ(抑え)気味にトレードした結果、得られた利益です。

裸でポジションをもっていたら・・・
これの10倍はくだらないリターンを得ていたわけです。

いいえ、これは「捕らぬ狸の皮算用」ではありません。

あえてリスクを落とし、
しっかりとマネージしたことで、
私は戦略的に資金を「3.5倍」にしたのです。

過去には「Vガンマトレード」がはまった例として、

・リーマンショック
・ギリシャショック
・ドバイ・ショック
・アベノミクス
・チャイナショック
・イギリス英国のEU離脱
・アメリカ大統領選

などなどが挙げられます。

こうした、
ニュースで取り上げられるような政治や経済のトピックが、
すべて自分が利益を取るチャンスにつながる。

こんな金融商品は、まず存在しないでしょう。

よく聞くのは、保有していたポジションが、
反対方向に動いてしまって大損害という話ばかり。

一方で「Vガンマトレード」では、どんな方向に動いても、
その大変動がそっくりそのまま自分がプラスになってしまうでしょう。

繰り返しますが、こんな金融商品は、まず存在しないでしょう。

変な話なのですが、世界のどこかで政治や経済の問題が起こり、
それがニュースなどで取り上げられるのを見ると、
「ああ、来月、資金が10倍になっているな。」
と見込めてしまえるので、
今後、世界中で起こっていくイベントそのものに対しても、
それが良いことであれ悪いことであれ、
楽しみになってくること請け合いです。

不謹慎かも知れませんが、私の身近な人で、
「来い!!リーマンショック!!」
「来い!!サプライズ!!」
と口角泡を飛ばしている人がいるのですが、
「Vガンマトレード」を手中にしてしまうと、
「ショック待ち」「サプライズ待ち」になる人の気持ちもわかります。

関連記事

  1. 不動産投資 初心者【今は始めるタイミングなのか】

  2. 不動産投資 初心者はどんな物件を買うべきか?

  3. 【将来,必見!】不動産投資2019年これから

  4. いらない不動産や土地を放棄できるのか?不動産投資家が解説

  5. 不動産投資 集客の一点依存は危険!

  6. 【株式投資 超入門編】第7章 エントリーは実体抜け確定足を狙う 初心者…

  7. 不動産投資【初心者向け講座2】借金が怖いですか?

  8. 【FXブログ】投資メソッド! 有名人から学ぶ オススメ方法! 投資日記…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。