全頭調教〈フェアリーS 牝G3〉大波乱! NEWスタイル競馬tv

大波乱確定レース 平均3連単20万超え
1)1番人気と10番人気の連対率や複勝率は変わらない
過去10年の人気別成績を見ると、1番人気は【3.1.1.5】で連対率は40%、複勝率は50%。上位人気の中では最も好成績だ。しかし、一方で10番人気が【2.2.1.5】となっており、連対率と複勝率は1番人気と変わらない。さらに11番人気が【2.0.0.8】となっており、かなり人気薄の馬がたびたび馬券になっている。

2)前走阪神ジュベナイルフィリーズ組は当日3番人気以内のみ注目
前走阪神ジュベナイルフィリーズ組の成績は【3.0.1.13】。近年は馬券になっていないが、有力と目される馬があまり出走していないのも事実。当日3番人気以内に支持された馬に限れば、【3.0.1.1】で複勝率は80%と高い好走率をマークしている。

3)距離延長組は不振
前走500万クラス組では赤松賞組などが有力だが、前走新馬や未勝利組でも十分に勝ち負けになる。前走クラスよりも前走距離の方が重要。前走1600m組が【9.6.5.73】でかなりの数を占めている。前走1400m組は【0.1.1.29】、同1200m組も【0.0.1.11】でかなり苦しい。それならば前走1800m以上を使っていた距離短縮組がよく、【1.3.3.17】の成績。連対率や複勝率は1600m組をやや上回る。

4)母父ミスタープロスペクター系に注目
種牡馬の傾向はディープインパクトやダイワメジャーなど、サンデーサイレンス系の好走が圧倒的に多い。しかし、2016年はパイロ産駒のビービーバーレル、2015年はヴァーミリアン産駒のノットフォーマルが勝利するなど、ダート血統も馬券になっている。母父ミスタープロスペクター系の活躍も目立っており、2013年以降は毎年必ず1頭は3着以内に入っている。

関連記事

  1. 8月20日地方競馬予想(名古屋、水沢、川崎)

  2. 【2018年競馬】GIII関屋記念でワントゥワン軸でいった男の末路…!…

  3. 2018 G1 日本ダービー 競馬予想

  4. 18/8/11 札幌競馬 メイクデビュー2歳新馬戦 レース映像

  5. 12月16日 中京競馬11R 三河ステークス

  6. 【朝日杯フューチュリティステークス2018予想】ケイデンスコール【競馬…

  7. 【競馬予想】2018 七夕賞 最終予想と買い目【推奨理由コメあり】

  8. 【競馬】2018年コリアスプリント モーニン

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。