低位株投資術はシンプルで初心者が最も利益を出しやすい手法/富豪ファミリープロジェクト

http://m-md.net/info/7step ←『相場師朗 7step株式投資メソッド』はこちら。 限られた時間しかないサラリーマン、OLの方でも、取り組んでいただける手法で、実際に『1億円』を目指すことのできる超実践的な伝説の手法となります。富豪ファミリープロジェクトは終了しました。
http://exectiv.info/kabuFX/7step/ ←その他の動画はこちらにまとめて掲載しています。
相場師朗(あいばしろう)と申します。、
トレード歴は34年の現役バリバリのトレーダーです。

元々は大学生の時に清掃のアルバイトで貯めた60万円の資金を使って
株の取引をスタートしたのですが、たった1銘柄だけのトレードで
60万円を20億円に増やしました。
私の手法でやる事は、夜にPC、もしくはスマホを使って

「1日5分ほどチャートを見てあるポイントをチェックするだけ」です。

たったこれだけです。
あと、市場が開いている9時~15時にチャートを見る事は一切ありません。

夜の空いた時間にチャートをチェックして、あとは売買の注文を入れて終了です。
(15時以降であれば夜じゃなくても、朝9時までに起きてチェックするだけでもOKです)

しかも、毎日売買するわけではないので、売買しない日は作業は数秒で終わります。

ですので、昼間仕事をしている方や仕事や家事に追われて時間が全くない人でもできますし、
PCが苦手な方でもできるノウハウです。
(実際、私自身もPCが相当苦手で、よく周りの人に使い方を聞いています。笑)

実際、私の生徒達はほとんどの人がサラリーマンの方やOLであったり、
自営業であったり、仕事を持っています。

そして、誰もができるめちゃくちゃシンプルな手法なので、当然ですが、
再現性抜群で私の生徒はほとんどの方が利益を出し続けています。
(たまに私の教え通りにやらずに自分のやり方でやろうとする人がいますが、
 そういう人は結果が出ていません。これも当然ですね。)

しかも時代や景気に左右される事もほぼないです。
長期的に使えるノウハウです。

私自身も20歳からの33年間(現在53歳)ずっと同じやり方です。

あなたが仮に200万円の資金をお持ちであれば、
私のノウハウで5年で1億円を突破する事は容易でしょう。
(200万円の資金がなくても30万円ほど資金があればOKです)

これは絵に描いた餅の話ではなく、かなりの確率で実現可能な数字です。

私のような何の才能もない一般個人が成功しようと思った場合、最も早いのが株なのです。

私自身、FXや不動産投資もやってきましたし、数多くの投資家も見てきました。

その中でも安定して資産を維持しているのは株をやっている人です。

FXは一時的に1億円稼いだりして億万長者になる人も少なからずいますが、
数年後には破産している人が多いのも事実です。

不動産投資は安定はしますが、お金持ちになるまでに時間がかかります。(その説明は後で)

あとビジネスも色々経験しました。

銀座で高級クラブを経営したり、ゴルフ場の経営や飲食店を数百店舗経営したり。。
(全て株で得た利益で買収したケースばかりですが。。笑)

ただ、ビジネスで成功を収めるにはある程度の才能が必要です。

その点、株式投資は初心者でも簡単にできるようになりますし、
一度ノウハウを身につけると、長期に渡って稼ぐことができるでしょう。
(今まで5000人以上の方に教えてきて、利益を出させてきた経験もありますし、
 さらに実感しました)

あなたはこの男の存在を知っていますでしょうか?

大学時代にアルバイトとお年玉で貯めた160万円を元手に、
何の知識も経験もない状態から引きこもり同然に株式投資をはじめ、
わずか5年で160億円、8年目には200億円を越えるまでに資産を増やした
日本最強の投資家です。

『相場師朗 7step株式投資メソッド』はこちら⇒http://m-md.net/info/7step

関連記事

  1. fx初心者のための自社株買いとは?マーケットクリック 2013年9月2…

  2. 株式投資の勉強法を初心者向けに解説する動画

  3. |初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術|のレビュー・評判は…

  4. 【株の勉強法】 神王リョウが、昔やっていた勉強法と、今オススメの勉強法…

  5. 【日本FX】 株 初心者 FX レバレッジ ≪1日5分で月収100万円…

  6. 株女子・7 株の初心者にオススメの市場・銘柄とは? ジャスダックやマザ…

  7. ビットコインと株の違いを初心者向けに解説する動画

  8. 株初心者が資金200円から始めて100万円を目標にした!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。