京都大賞典 2017 競馬マニア向けの分析。一頭ずつ特徴をご紹介。

【ABCDE湯かげん YouTubeビデオ429本目】

⚫️ABCDE湯かげんの公式YouTubeチャンネル
https://m.youtube.com/channel/UCwBbXM…

⚫️この動画は予想を当てることを目標としているものではありません。予想屋ではありません。
向上心のある、競馬の勉強をしてきた方たちのみに向け作っている動画です。

⬛印、数値などの意味⬛
【素質】
厩舎力が高ければ競走生活のピーク時にこれくらいまで強くなれるとイメージしてランクを付けています。素質上位から、SS、S、AS、A、AB、BA、B、BC、CB、C、CD、DC、D、DE、ED、E、、、の順になります。ちなみにディープインパクトだとSSS、アグネスタキオンやタイキシャトルだとSSSSとなります。あとは、キャリアの浅い若駒だと評価の精度が落ちます。
【現能力】
今現在、今回のコースで走った場合でイメージして数値を出しています。100を超えるとバケモノ扱い。
【手広く】
今回のコースや馬場状態、展開、枠順との相性、調教をチェックして感じた状態、乗ってる騎手のレベルと相性、馬の能力や気性など全てを考慮して強弱をつけています。◎は本命に値する馬、◯は対抗に値する有力な能力上位馬、▲は単穴に値する有力な能力上位馬、「注」は特注に値する有力な能力上位馬、△は上手くいけば一発はあるが基本的には2着3着に来る可能性がそれなりにはあるって感じの連下クラスの馬(人気馬や有力馬を回収率を考慮して無理くり連下にする場合もあります)、「押」は恐いけど基本的には2着以内に来る確率は低いとみている馬(人気馬や有力馬を回収率を考慮して無理くり押さえにする場合もあります)、印をつけた後に「×」してある馬については基本的には買ったほうが良いけどギャンブルするなら消してみる手もあるということ。「穴」と書いてある馬は穴馬候補で基本的には単複を押さえたり少額でも馬連やワイドを流すであろう馬で、◎の馬が居ない場合は穴馬狙いの本命馬。
【印】
今回ぼくがつけた予想、印です。

⚫️「マイネル軍団、ラフィアン岡田総帥にも、松田博資元調教師にも、堀宣行調教師にも、池江泰寿調教師にも、相馬眼では負けたくない!」。第379回。JRA中央競馬 2017年 G2 古馬重賞 京都大賞典 2017 の予想、展望、穴馬候補、データ、一頭ずつの特徴の紹介です。

ディープな競馬ファン向け、競馬関係者向け。パドックで馬体を見る、基本的にはパドック重視。パドックを見た後に狙い馬が変わる可能性がありますので、もちろんですが 京都大賞典2017、馬券はご自分の意思でご自分で責任を持って購入してください。 本気で相馬眼日本一を目指しています。いつか競馬界のお役に立てるような存在になろうと思っています。

⚫2017年 JRA 京都大賞典2017出走予定馬。展開予想。分析。

⚫京都大賞典 2017 出走馬 騎手
サウンズオブアース 横山典弘騎手、シュヴァルグラン ミルコデムーロ騎手、フェイムゲーム ルメール騎手、ミッキーロケット 和田騎手、スマートレイアー 武豊騎手、ヒットザターゲット 小牧太騎手、レコンダイト 北村友一騎手、マキシマムドパリ 藤岡佑介騎手、プロレタリアト 杉原騎手、トーセンバジル 岩田康誠騎手、アクションスター 松若騎手、ラストインパクト 浜中騎手、バロンドゥフォール 古川騎手、カレンミロティック 池添騎手、ハッピーモーメント 藤岡康太騎手、
、、、、、勝利する馬は?穴馬候補は?危険な人気馬は?

⚫️ABCDE湯かげん。海船と東野すべろ。吉本興業所属の若手お笑いコンビ。島根県に在住しながら活動。 ABCDE湯加減ではなく、ABCDE湯かげん。

重賞 京都大賞典2017 競馬の予想動画。展開の予想、馬場の予想、調教、追い切りを観ての状態の見極め。データ。コース、レースの傾向。穴馬候補。危険な人気馬。競馬予想。スポーツ。一頭ずつの馬の特徴、距離、芝、ダート適性、素質、器、スケールなどについて。

関連記事

  1. 【無音】2018年3月24日 完全自動利殖ソフト 競馬ソフト「諭吉くん…

  2. お前らが競馬場着いたら、まずやること【競馬のお話ch】

  3. ローズステークス レース結果 動画 2018年

  4. 競馬レースの後は【2018/9/23(日) 第11回 ジョッキーフェス…

  5. 【競馬】【オールカマー2018予想】地力か適性か 非根幹距離で好走する…

  6. 【競馬】東海S予想傾向特徴!この馬絶対来ません

  7. [破産篇]イケメンごりら競馬 プロキオンステークス

  8. 鷹ケ峰特別 4/28現在 JRA競馬レース展開予想 2018年【競馬予…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。