ビットコインとランサムウェアの世界 ニュースじゃ教えてくれない仮想通貨の世界 Ep4

昨日「Wannacry」というランサムウェアの被害が報告され、その後世界各国に瞬く間に広がり史上最大規模のランサムウェアの被害の事例となっている。要求された支払い方法はビットコイン。

ビットコインの犯罪利用、ランサムウェア業界との関連性について。ビットコインの禁止などは意味があるのか、どのような対策が必要なのか、ランサムウェアの被害は今後拡大していくのか、などについて簡単に解説。

【ビットコインの真のユースケースとランサムウェアの経済】
http://coinandpeace.hatenablog.com/en…

ビットコインがランサムウェアの世界に与えた影響と、ビットコインの本質についてランサムウェアでの使用というユースケースから考察

【イギリスの健康保険システムを麻痺させたランサムウェアはNSAのハッキングツールが起源だった】

http://jp.techcrunch.com/2017/05/13/2…

今回のランサムウェア被害の報告

関連記事

  1. ビットコインか金か。日本は大惨事に陥るだろう ジムロジャーズ ②

  2. 【仮想通貨6月7日】相場好調!●●コイン仕込んで良かった話

  3. 【NEM】一気に爆上げ!コインチェックでXEMの取引が再開しました!

  4. 与沢翼【リップル(XRP)とビットコイン(BTC)に数億円投資】広告な…

  5. 【BTC】根強すぎる総悲観が難しい環境を構築(2018年12月13日)…

  6. 【ビットコインキャッシュ】ハードフォーク前後の下落に注意!噂で買って事…

  7. 【XRP/BTC/ETH】リップルとビットコインたちはどうなる?1月2…

  8. GMOコインで仮想通貨FX/ビットコインFX(BTCFX)は稼げる?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。