【株の学校123・株式投資初心者入門編】株を知る!証券会社の選び方とは?

“トレードの勝ち組への近道はこれだ!!利益のカラクリ体験講座
http://kabutechnical.jp/technical_tai…

―皆さんこんにちは。本日は株の学校123の坪倉講師にお話を伺っていきたいと思います。坪倉さんよろしくお願いします。
(坪倉)「よろしくお願い致します。」
―さて、この動画を見ている方の中には、株の初心者の方もいっぱいいらっしゃるかと思うのですが、今日はそのような方の中からご質問が届いていまして、坪倉先生にお答えいただければと思います。お読みします。『おすすめの証券会社を教えてください。』という事なのですが。どこかおすすめってありますでしょうか?
(坪倉)「証券会社って何をしているところかご存知ですか?」
―株を買うところ。
(坪倉)「株を買うところね。株ってどこで売っているかご存知ですか?どこで買えるかご存知ですか?」
―証券会社ではないのですか?
(坪倉)「証券会社は厳密に言うとちょっと違うのです。この方が、おすすめの証券会社はどこがいいのかと質問されているのはどうしてか。この質問にお答えする前に、その前提を少しお話ししたいと思います。そもそも、株を始めるのに証券会社が関わってくるのは何故なのかご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんので、その点を話してみましょうか。では、画面をご覧いただけますか?」
―お願いします。
(坪倉)「株が何かというお話は今回省かせてもらいますが、企業は株式というものを発行していますよね?そして投資家がいるわけです。企業が発行した株を、投資家は直接買うことが出来ません。」
―企業にお金を持って行って、『株を下さい』という事は出来ない?
(坪倉)「通常、企業は投資家に直接株を売ってはくれないのです。特殊な株はありますが、通常はありません。じゃあ、どこで買えるのかという事ですよね。実は、企業の株を取り扱っている場所があるんです。それがどこかと言うと、証券取引所と言います。ご存知ないですか?」
―聞いたことはあります。
(坪倉)「ありますよね?東京証券取引所、略して東証と言ったりします。実は、この証券取引所というところが、この企業が発行した株式を取り扱ってくれるのです。」
―じゃあ、私たちはそこに行くのですか?
(坪倉)「と思うじゃないですか?そうじゃないのですよ。証券取引所は、株の売買…実際に買いの注文、売りの注文を受けて、売買を成立させてくれるところなのですよ。ところが投資家は証券取引所にお金を持って行って株を買うのかというと、そうではないのです。そこで登場してくるのが、証券会社。証券会社は何をするところかというと、簡単に言うと、投資家と証券取引所の間に立って、注文を取り次いでくれるのです。投資家は証券会社に証券口座という口座を開きます。銀行口座みたいなものです。ここに株を買う為のお金を預けます。株を買いたいと思ったらその都度代金を支払うのではなくて、口座に最初からお金入れておき、この範囲内で株の売買をするのです。」
―お金をお預けしておくのですね。
(坪倉)「100万なら100万を入れておきます。入れたお金以上の株を追加で買いたいのであれば、その分のお金を予め入れておかないといけないのです。お金を証券口座に先に預けておいて、証券会社に注文だけ出すのです。そうすると、証券会社が取り次いでくれて、証券取引所に注文を流します。」
―代わりに注文してくれるという事ですね。
(坪倉)「そしたら、『証券取引所で売買が成立して買えましたよ』という連絡がくるわけです。」
―証券会社は株の売買の仲介をしてくれるところだと思えばいいのですね。
(坪倉)「そういう事です。昔は株を買うために証券会社の店頭に行かなければいけなかったんですよ。」
―今は行かなくていいのですか?
(坪倉)「今は行かなくていいんです。全部インターネットで出来ます。口座を開設した後、注文は証券会社のホームページ上から注文出来るのです。いちいち証券会社に行かなくても、簡単に注文が出せるのです。気軽ですよね?」
―そうですね。例えばスマートフォンを使っている方だったら、ここからピッと押せば買えるという事ですか?
(坪倉)「そうです。スマートフォンでも出来てしまうんですよ。」
―すごいですね。
(坪倉)「すごく便利なのです。だから最近は個人投資家も増えています。便利ですからね。」
―では、その仲介をしてくれる証券会社が、いっぱいあるのでしょうか?
(坪倉)「そうです。沢山あります。ですので、いったいどこを選べばいいのか悩みますよね。」
―そうですね。悩みますね。何によって良しあしが決まるのか、よく分からない方も多いかと思います。
(坪倉)「まぁ、色々な基準はありますね。私たちの場合、選定基準の一つに置いているものが、手数料の安さですね。」
―手数料?
(坪倉)「手数料。実は、先ほどお話しましたように、証券会社は投資家からの注文を取り次いでくれるのですが、残念ながらタダで取り次いではくれないのですよ。」
―そうですよね。
(坪倉)「仕事でやっていますからね。」
―そうですね。証券会社さんに儲けがなくなってしまいますよね。
(坪倉)「なので、証券会社が注文を取り次ぐ度に手数料を支払わないといけないのです。だったら手数料は安い方がいいですよね?」
―それは勿論安い方がいいです。
(坪倉)「何故、手数料の安さを重視するかというと、僕らは売買を頻繁に繰り返す方法を教えているからなんです。株の投資って、株を買った後、しばらく放っておくイメージがないですか?」
―なんとなく寝かす的な。
(坪倉)「そうです。『値上がりするのを待とうかな?』みたいなのがあるじゃないですか。極端な話、買って値上がりをするまで放っておくのが投資ですよね。それが一年なのか、半年なのか分からないですが、しばらく持っておく状態ですね。僕らが教えているのは、投資ではなく、投機とも呼ばれたりもするのですが。」
―投機。
(坪倉)「機会に投じる。要は、タイミングです。僕らは、株はタイミングが全てだと思っています。ご覧になった事があるかもしれませんが、株価チャートというものがあります。これは株価の値動きを表したグラフなのですが、見ていただくと分かるように、株って結構ジグザグ動くんですね。という事は、すごく単純な話なのですが、こんな風に低くなった波の底の方で買って、このちょっと値上がりしたところで一旦売るとしますよね。すると、また値下がりしてくるのです。そうなったら、安くなったところでもう一回買えばいいんですよ。値上がりしたらまた売ればいいですよね?」
―すごいですね。確かに。
(坪倉)「僕らが教えているのは、こういうトレードの仕方。投機はトレードとも言います。」
―という事は、スパンを短くして売買するという事ですか?
(坪倉)「ここからここまでの間ずっと持ちっぱなしではなく、波打っているところを狙って、所々で売り買いを繰り返すことを、僕たちは『資金を回転させる』と言います。こうする事で、ちょっとずつ利益を積み上げていくやり方を教えています。」
―という事は、寝かせる方に比べて、売買の回数が多いという事ですよね?
(坪倉)「そうです。頻度が多いです。頻度が多いということは、手数料の高いところを選ぶと、それだけで余計なお金が出て行ってしまうわけです。なので、僕らが証券会社をおすすめする時の基準は、やはり手数料の安さを重視しています。」
―なるほど。手数料は、証券会社さんごとに色々と決められているという事ですか?
(坪倉)「決められています。最近はどこも競争がありますから、手数料は非常に抑えられてきてはいるのですが、やはり証券会社ごとに手数料の差があります。数ある証券会社の中から僕らがおすすめする基準として、手数料が比較的安く、売買を繰り返しても、そんなに気にならない金額であるかどうか、というものがあります。後は使い勝手ですよね。売買注文を出すのはインターネット上からやりますので、インターネット上からの注文がしやすいかどうか。」
―なるほど。そうですよね。
(坪倉)「それと、パソコン用のソフトにも注目します。証券会社によってはソフトが用意されていて、それを使って手軽に注文が出来る仕組みがあったり、スマホ用アプリで今お見せしているようなチャートが見られたり…」
―それは大きいですね。
(坪倉)「注文が簡単に出せるアプリなんていうのもあるんです。」
―なるほど。
(坪倉)「そういったものが充実している方がいいわけですよ。手数料やサービスの内容といったものを基準に考えた時に、僕らがおすすめする証券会社は大体3つくらいに絞られます。」
―3つくらい。じゃあそれを是非教えていただければと思います。」
(坪倉)「まずは、楽天証券。楽天市場の楽天は、証券会社もやっています。ネット証券としては結構老舗です。ネット証券というのは、インターネット上で株の注文を引き受けている証券会社のことです。これを一般的にネット証券と言います。楽天証券は、インターネットのサービスが結構充実していて、手数料も比較的リーズナブルです。」
―いいですね。使いやすい。
(坪倉)「ネット証券としては、ここはいいです。それから、もう一つはSBI証券。こちらも手数料がリーズナブルですし、インターネット上のサービスも充実しています。アプリなんかもあって、おすすめの一つです。それから、GMOクリック証券。最近結構CMしていますよね。」
―よく見かけます。
(坪倉)「よく見かけますよね。中身はよく知らなくても、CMはよく見るなという。」
―皆さん、一度は名前を聞いたことがあると思います。
(坪倉)「面白いCMも結構ありましたね。ここも手数料は非常に安いです。手数料に関しては、多分この3つの中では一番安いかもしれません。」
―そうなんですね。
(坪倉)「個人的には、楽天とかSBI証券の方が、使い勝手の面では好きです。勿論GMOが好きだとおっしゃる方もいると思います。実際に株を売買されるのであれば、楽天証券、SBI証券、GMOクリック証券あたりがおすすめです。手数料という観点からもそうですし、あとは使い勝手ですね。それに、サービスの内容を見ても、おすすめ出来る証券会社ではないかと思います。是非参考にして頂けたらと思います。」
―なるほど。ありがとうございます。皆様、是非この3社をチェックして頂ければと思います。本日もお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。

【金融商品取引法に基づく広告表記】
◆株式会社トレードイノベーション◆当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です◆登録番号 関東財務局長(金商)第2423号◆報酬体系
ベーシック会員3ヶ月248,000円以降1年のみ 1,000円◆株価等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、 株式等発行者の経営・財務状況及び外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。また、信用取引やデリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。◆当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員です。◆ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

関連記事

  1. 【初心者から学べる株投資スクール】トレードゲート株式会社

  2. ド素人が始める株式投資の講座【第1回】 初心者が利益を継続的に出し、ア…

  3. 【株コミュニティ】よくある質問ー初心者でも大丈夫かー

  4. ナンピン買いの落とし穴「初心者のための株式投資入門」

  5. (株初心者向け)ローソク足分析① Stock Station 第20回…

  6. 株式投資初心者入門・株の買い方ってどうやるの?【株の学校123】

  7. 初心者でも出来る!ゲーム感覚で遊びながら儲けるFXの極意!

  8. 神王リョウの、成功の秘密に迫る! ~株の初心者だった頃 【神王TV】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。