☢【競馬】JRAも検討求む!G1騎乗に絡む騎乗停止処分の救済ルール

☢【競馬】JRAも検討求む!G1騎乗に絡む騎乗停止処分の救済ルール
提言したいことがある。このタイミングだからこそ、競馬先進国と言われる海外に習って一考を願いたい。 現地19日、米クラシックの第2戦プリークネスSが行われ、1番人気に支持されたジャスティファイが優勝。ケンタッキーダービーに続いて、米クラシック2冠を達成し、デビューから無敗の5連勝を飾った。6月9日のベルモントSを勝てば、77年シアトルスルー以来41年ぶりに無敗の三冠馬誕生となる。米国の競馬ファンには、たまらないクラシックとなりそうだ。 ここからが本題だ。騎乗したのはマイク・スミス。サンタアニタダービー、ケンタッキーダービー、そして今回と乗り続けていることも、盛り上がりの一因と言えるだろう。実は、このマイク・スミス、6日のサンタアニタ競馬場で進路妨害を犯し、17日から20日まで4日間の騎乗停止処分が下っていたのだ。 2冠を懸けたプリークネスSに主戦ジョッキーが騎乗できない-。そんなファンの不安を打ち消したのが、主催者の救済措置だった。1日分の騎乗停止を後日に先送りすることで、プリークネスS当日の騎乗が許可されたのだ。乗り代わりによる2冠では、盛り上がりも半減していただろう。主催者のファイン…

関連記事

  1. 【競馬ブック】赤塚俊彦TMの推奨馬(天皇賞 2018年4月29日、土曜…

  2. 【競馬】川田が人気馬で16連敗…イライラが限界に!?

  3. 【生放送】中京競馬場!馬券対決!

  4. 【競馬展望】レパードSの軸馬はコレだ!(カッツン。)

  5. チャンピオンズカップ シミュレーション【過去10年データ競馬予想】

  6. ラスト1分!東京競馬場 2018 花火大会グランドフィナーレ!

  7. 札幌競馬場第5レース ワイド5-6に5600円賭けてみた

  8. 【競馬予想】秋華賞 2018 その2 ~プリモシーンを強く推す理由~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。