株式投資初心者入門・ぶっちゃけ株ってなんなの?【株の学校123】

トレードの勝ち組への近道はこれだ!!利益のカラクリ体験講座
http://kabutechnical.jp/technical_tai…

(田井中)「こんにちは。田井中です。今日はトレードトレーナーの酒井さんにインタビューさせて頂きたいと思います。よろしくお願いします。」
(酒井)「よろしくお願いします。」
(田井中)「今回のキーワードはこちら!『株とは』という事ですね。本当にザックリとした質問ですが、株とは何ですか?」
(酒井)「これって難しいですよね。」
(田井中)「私も分かりません。」
(酒井)「小学生や中学生なんかが、こういう質問をしますね。」
(田井中)「株って何ですか?」
(酒井)「そう『株って何ですか?』ってね。なかなか難しいですよね。株そのもののお話で、『株とはいったい何なの?』という質問の場合もありますし、実際にその定義から派生させた意味での質問の場合もあります。例えばトヨタ自動車の株は、買おうと思えば普通に買えるじゃないですか。つまり、株の売買を指して『株って何ですか?』と聞いているケースもあるわけです。だから、意味合いとしては、2つあると思うんですよ。株券というものを発行し、その購入代金を集めて事業をやる。そういう意味での『株って何ですか?』という質問が、1つめのケースです。例えば、ラーメン屋さんをやるとします。でも、ラーメン屋を始めるのに1,000万円かかるとします。手元には100万円しかないので、なんとかして、あと900万円分集めたいわけです。そんな時、1株100万円の株を9株発行して、それぞれ買ってもらうわけですよ。そうやって、事業資金1,000万円の不足分の900万を調達するわけですね。ちなみに、1株100万円の株券を買ってくれた人達が、どうして株を買ってくれたのかというと、『頑張って、この事業で2,000万円の利益を出し、利益の一部を株主に配当します。』という約束をして、株券を渡したからなんですね。株はこんな感じで始まったわけです。これが株の定義です。株を買う形で出資したら、時価総額何兆円にもなる大企業に発展してしまった…なんていう場合もあるわけですよ。東証一部の企業の中にはそんな会社もありますね。だから、実際には1,000万円のラーメン屋どころの話じゃないわけです。でも、そもそもの考え方は、例に挙げたように、出資金を募って事業をやりますよ、という事なんです。この例では、事業に出資してくれた人に対して、100万円の株券を渡しているじゃないですか?じゃあ、『事業上手くいかなかったので、もうやれません』となった場合はどうなるのか。」
(田井中)「倒産ですね。」
(酒井)「そう、『倒産しました』という場合に株がどうなるかというと、ただの紙切れになってしまいます。100万円は当然なくなってしまうので、返す義務もないんですね。このように、株は素晴らしいシステムなんですよ。」
(田井中)「素晴らしいですよね。助かりますね、お店を出す側としては。」
(酒井)「そうですね。でも、やはり責任が発生するわけです。『事業をやったけど、ダメだったので辞めました。今までありがとうございました。』では、済まされないわけですよ。」
(田井中)「そうですよね。」
(酒井)「こんな風にならないよう、会社には責任説明があります。『今、これくらいの利益が出ています。今後もこういう計画でしっかりと事業をやっていきます。』という説明をすることが、約束として決まっているんです。だから、上場企業は決算発表をします。さらには会社説明会を開いて、『こうやって事業を頑張っていきます』と社長自ら説明します。では、我々はいち投資家として一体何が出来るかということになるわけですね。でも、大抵の場合、『トヨタ自動車という会社を設立するために、私たちが出資します』なんていう事はなかなかありません。なお、出資とは違いますが、新規上場というものがあります。例えば、今はやりのLINEという会社も新規上場しました。他にもDeNAとか、GREE、あとJALも新規上場していますね。こんな風に上場している会社が色々あるわけですが、そういう新規上場した会社の株を買うこともできます。また、私たち投資家は、株式市場で自由に上場株を売買することが出来ます。株券を自由に売買出来る市場があって、そこで株券が売られているわけですね。株式市場自体は、売りたい人と買いたい人の仲介役となっていて、中間の立場を取っています。こういう仕組みで株の売買が出来るわけです。もっと簡単に言うと、自分たちが欲しい株の注文を出したらすぐに買えるのが、現代の株の売買なのです。『株とは何か』と言ったら、『証券会社で、普通に注文を出したら買えますよ。』というのが、株とは何かという質問に対するもう1つの答えなんですね。だから、難しく考えず、単に自分がいいなと思う銘柄や、自分の好きな銘柄を買うことが出来ます。もちろん、株の見方なんかは勉強してもらいたいんですけどね。ちなみに、株を買うためには、証券会社の口座を開く必要があります。という事で、株は買えます。自分の好きな銘柄を自由に選べますので、楽しんで株式投資しましょう…というのが今の時代です。」
(田井中)「なるほど。前とは違うという事ですね。」
(酒井)「そうです。本来の意味よりは、自由に売買が出来るんです。株を買って、企業が頑張って株価が上がったら、それを売って売却益を得ることが出来るんです。これが、株の面白さなんですよ。」
(田井中)「最近はみんな、そっちの方をメインに株をやっていますもんね。」
(酒井)「そうです。それをやっていけばいいという事ですね。」
(田井中)「なるほど。ありがとうございました。分かりやすい。」
(酒井)「田井中さんも、売却益を得ることを目的に株をやっているんですよね?それとも、出資金を出しているという気持ち?」
(田井中)「出資金を出しているという気持ちは、微塵もないです。」
(酒井)「微塵もないですか。」
(田井中)「何の会社だろうと思いながら買っています。」
(酒井)「株価が上がって欲しいという事ですよね。」

【金融商品取引法に基づく広告表記】
◆株式会社トレードイノベーション◆当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です◆登録番号 関東財務局長(金商)第2423号◆報酬体系
ベーシック会員3ヶ月248,000円以降1年のみ 1,000円◆株価等の価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、 株式等発行者の経営・財務状況及び外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。また、信用取引やデリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。◆当社は、社団法人日本証券投資顧問業協会の会員です。◆ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

関連記事

  1. 北浜流一郎先生の新刊「初心者でもめざせ!億トレーダー株入門」読みました…

  2. 武田、シャイアー買収で合意 株初心者「これ長期で買いだろw」【株価】

  3. 【株の学校123・株式投資初心者入門編】空売りをする!信用取引を迷って…

  4. 基礎から学び、初心者でも大きく稼ぎたい方!もっともあたらしいトレード手…

  5. 株式投資初心者が利益をあげる方法

  6. 株式投資 株初心者の大化け株の探し方は

  7. 株式投資 株初心者の急騰株の探し方は

  8. 株初心者の証券口座(会社)の選び方、投資コストのコントロール

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。