スマホで1000円から株取引 One Tap BUY を試す。任天堂やソニーなど日本30銘柄にも対応(動画)

1000円から株が買えるスマホ時代の証券取引アプリ「One Tap BUY」が日本株も購入できるようになりました。これまで米国30銘柄を取り扱っていましたが、今回のアップデートで国内上場株30銘柄も購入できます。

One Tap BUYは、スマートフォンで株式取引が簡単にできる証券取引アプリ。名前はOne Tapですが3ステップで株が購入できるとアピールしています。若者層や株式売買の未経験者をメインターゲットとし、大手企業の株を1000円単位で取引できる気軽さが売り。

売買可能な銘柄は国内有数の企業の株。Engadgetでも馴染みのあるところでは、任天堂やソニー、パナソニック、キヤノンあたりでしょうか。

積水ハウス
明治
キリン
セブン&アイ
花王
武田薬品工業
オリエンタルランド
ヤフー
楽天
資生堂
ブリヂストン
TOTO
リクルートホールディングス
パナソニック
ソニー
キーエンス
ファナック
村田製作所
日産自動車
トヨタ自動車
本田技研工業
良品計画
キヤノン
任天堂
ユニ・チャーム
みずほフィナンシャルグループ
ヤマトホールディングス
セコム
ニトリホールディングス
ファーストリテイリング

こうした銘柄は通常、単元株といって100株や1000株単位でなければ購入できません。たとえば任天堂の単元株は100株で、7月24日の株価は3万6240円となるため最低購入代金は362万4000円となります。

One Tap BUYの仕組みは、この単元株を自社購入し相対契約によってユーザーに1000円単位で振りだすことで、少額取引を実現しています。このため、株式の名義はOne Tap BUYとなります。株主優待を受けるには単元株以上を得ており、各種条件があったりするので、期待できないと考えた方がよさそうです。

なお、売買の取引コストは市場価格 x 0.5%。8月31日まではキャンペーンとして取引手数料は0%となります。

サービスと同じ社名のOne Tap BUYは2013年設立。2015年に証券会社として登録(第1種金融商品取引業登録)、2016年にスマートフォンに特化した証券会社としてサービスを開始しました。サービス開始1年で取引口座数は3万超。

CEOの林和人氏は、米国と比べると日本の金融資産が貯金に偏っている点を指摘し、株取引によって現金の流動性を高めたい考えです。One Tap BUYは現在、20代までの若者ユーザーが6割で、引き続き若者層に対して株取引の気軽さを演出していく方針です。

ただし、日本の金融資産が現金に偏っているのは、シニア世代の預貯金とも言われています。

この動画の記事
http://japanese.engadget.com/2017/07/…
ニュースリリース
https://www.onetapbuy.co.jp/news20170…

関連記事

  1. (株初心者向け)超チャートの基礎② トレンドと売買タイミング Stoc…

  2. 武田、シャイアー買収で合意 株初心者「これ長期で買いだろw」【株価】

  3. ゴールデンスパイダーFX 為替 バイナリー 株式 初心者 デイトレード…

  4. 【株の学校123・株式投資初心者入門編】時間的レバレッジを効かせる方法…

  5. 武田邦彦★科学者が考える初心者が失敗しない株式投資法! #武田邦彦 #…

  6. 【株初心者】完全子会社化までに知っておきたい4つの株価変動ポイント

  7. 【FXや株より初心者向きなの?】金川顕教さんと語るバイナリーオプション…

  8. 【初心者FX無料講義】株とFXの違い(何故、FXのほうが取り組みやすい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。