【東京CUTE競馬部(TCK部)】部員が興奮!今までの知識でレースに再挑戦!<いよいよレースに投票>

競馬ビギナーの女子が、「東京シティ競馬」(以下、TCK)の最新事情を探る部活動、その名も“東京CUTE競馬部(以下、TCK部)”!  連載第7回の前編では、今までの連載で学んだラクラクカードでの投票方法やパドックビジョンについておさらいしたふたり。後編の今回は、いよいよ自分たちで予想して、レースに投票する部員の様子をレポート! 自分で予想してレースに再挑戦!  前編では、レースに再挑戦するためにまずは今まで学んできたことをおさらいした野村さん(写真奥)と八角さん(写真前)。  今回はいよいよ実際に馬券を購入してメインレースに挑戦する!それぞれ流し買いとボックス買いにチャレンジし、ドキドキのレース観戦がスタート。果たしてふたりの勝負の行方はいかに! パドックで馬の状態をチェック  前回はパドックビジョンでデータの情報収集をしたふたり。今回は、「下見所」とも言われている、ウマたちのコンディションをチェックできるパドックで、推しウマの仕上がりをチェック。  「トモ」と呼ばれる後脚の肉付きの良い馬や、胸前に筋肉が付いている掻き込みで走るタイプの馬、周回している時にグイグイと、後ろ脚で前脚を蹴ってしまうくらい踏み込みが深い馬など、データだけでは分からない仕上がりの良さのチェックはとても重要だ。  歩く様子を見るだけでも、たくさんの情報を知ることができるぞ。パドックでのひらめきで、推しウマを変えて勝負してみるのも面白い! いよいよ馬券を購入、そしてレースがスタート!  パドックをチェックしたら、いよいよ馬券の購入だ。野村さんは今回、「ボックスカード」をセレクト。ボックスとは、何頭かのウマを選択してその1-2着となる組み合わせをすべて購入する方法。  この夏、地方競馬通算最多勝記録を更新した“レジェンド”的場騎手を含めて、パドックでビビっときた馬をセレクトした。  野村さん「的場騎手の騎乗する競走馬のオッズはそこまで良くないけど、レジェンドを応援したいと思います!」  対する八角さんは、「連複流しカード」をセレクト。この方法は推しウマを1着として、2着となる対抗馬を何頭か指定するもの(1・2着の着順は不問)。  このレースで圧倒的人気を誇っていたミカ様こと御神本騎手が騎乗するウマを1着と予想し、対抗馬もオッズ人気の高い馬から順当に3頭セレクトした。  八角さん「オッズ情報を信じてみます♪」  無事に、マークシートの記入を終えたふたりは発券機へ。マークシートさえ間違いなく記入できれば、馬券の購入は特に迷うこともなくとっても簡単♪  野村さん「ドキドキしてきた~!」  八角さん「全力で的場ジョッキーを応援します!」  いよいよ、レース開幕!ドキドキのふたりも馬券を握り締め、ゴール前でいざ応援!  そして、白熱のレースが終わった。結果は…。  八角さん「やったー!当たりました!!」  野村さん「うえ~ん、残念……」  ということで、御神本騎手を1着と予想した八角さんは、見事2着も的中!残念ながらこのレースでは的場騎手は勝利とならず、人気の高かった馬が順当に1・2着でフィニッシュとなった。  それでも、3着を見るとオッズでは7位だったウマが入ったりと、必ずしもオッズの人気どおりに決着しないのが競馬の醍醐味♪情報とともに、やはり実際にウマの状態を確認することの大切を学んだふたりだった。  八角さん「予想したものが当たって本当にうれしい!」  野村さん「結果は残念だったけど、応援したいジョッキーを選んだから後悔はないです」  結果的に、今まで学んできたことを活かして再挑戦したレースを心から楽しんだ様子のふたり。勝っても負けても、颯爽と走り抜ける馬の姿を見ていたらスカッとすること間違いなし!  関東最大級のイルミネーションイベント「TOKYO MEGA ILLUMINATION」もグランドオープンし、話題を呼んでいるTCK。これから年末に向けて、イルミネーションの輝きとともにますますヒートアップしていくTCKのトゥインクルレースをぜひ体感してみよう!  【企画・構成・取材・文/クエストルーム、撮影/RIKA(STUDIO ISLAND)】

関連記事

  1. 2018 函館記念 Neo競馬道-極- 予想動画

  2. 【競馬予想】2018 弥生賞 鉄板軸馬と穴はこの馬!

  3. 《競馬》アスカノロマン 過去3走 【平安S 2018 参考レース】

  4. 京都2歳ステークス有力馬

  5. 【競馬】血統という視点から京都ダート1400mで“狙える条件”を披露!…

  6. 《激白》藤田 伸二(元ジョッキー)が日本競馬界の裏話を激白!

  7. ヒットガールの競馬の予想始めました!予告  ‐184

  8. 【クリンチャーは6着】2018フォワ賞(G2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。